MITはIOTAに「ギャップの穴」があると言います、財団は訴えると脅します

MITデジタル通貨イニシアチブ(DCI)は、8月初めにIOTAのハッシュの脆弱性を開示したことでよく知られています。.

これはIOTA開発者によって論争され、それ以来議論が続いています.

しかし、MIT DCIはIOTAを批判するために再び出てきており、特に、 公式声明 それは、MIT TechnologyReviewで彼ら自身の機関によって発行されたレポートに反論することを目的としていました.

MITからの混合メッセージ

12月14日、MIT テクノロジーレビュー IOTAに肯定的な記事を公開しました。彼らは、ブロックチェーンに依存しない暗号通貨の利点を乗り越え、ビットコインよりも優れているかどうかさえ疑問に思いました.

この作品はまた、テクノロジーの制度的ユースケースのさらなる証拠として、IOTAが今年締結した多くのパートナーシップにも触れました。.

これが発表されたとき、DCIとMITメディアの研究者はレビューからこれらの発見に反論しようとしました。彼らは、作品の中で想定される多くの不正確な声明に問題を抱えていました.

彼らは、彼らが締結した主張されたパートナーシップについて彼らの議論を傾けた。たとえば、IOTAトークンラリーにつながったのはMicrosoftパートナーシップの発表でした.

IOTAプライスラリーマイクロソフト

パートナーシップ後のIOTAラリー。出典:Coinmarketcap.com

それ以来、ボッシュや富士通などの企業でIOTAとの「パートナーシップ」に関する発表がいくつかあります。.

しかし、DCIは、パートナーシップが実際に確保されることは決してなかったと述べました。彼らはこの例として創設者のドミニク・シーナーの言葉を使用しました。中 最近のインタビュー 彼は次のように主張した。

市場に参加している企業が私たちの「パートナー」であると言ったことは一度もありません。私たちは彼らを参加者と呼びます.

研究者たちは、パートナーシップの開示の修正は、最初に報告された後にのみ行われたと指摘しました。彼らはこれを「誤解を招く」マーケティング慣行と見なしました.

再び提起された技術的懸念

参加者をパートナーとして指定することはセマンティクスの問題ですが、研究者はIOTAのテクノロジーに関して提起されたいくつかのポイントに問題を抱えていました.

具体的には、IOTAの「改ざん分散型台帳」の説明は間違っていると考えていました。たとえば、今年の11月にネットワーク全体がダウンしたとのことです。.

このダウンタイムの間、トランザクションは発生しませんでした。研究者は、トランザクション時間は遅くなりましたが、Blockchainテクノロジーに基づく人気のある暗号通貨で同様の停止が発生したことは一度もないと述べました.

これはおそらく、「コーディネーター」と呼ばれるIOTAの単一障害点であることに起因していました。これの集中化された性質は研究者に関係していました.

最も重要な論点の1つは、「0料金」の主張全体にあります。他のブロックチェーンベースの暗号通貨とは異なり、IOTAにはプルーフオブワーク(POW)コンセンサスプロトコルはありません.

ユーザーがトランザクションを処理したいとき、彼らはPOWを行うために彼らのデバイスに依存しています。したがって、彼らは「仕事」をするために鉱山労働者にお金を払っていませんが、それでも取引を処理するためにエネルギーが費やされています。研究者によると:

必要な作業は、金銭の支払いが必要かどうかにかかわらず、料金です。料金の支払い方法を制限し、ユーザー自身のデバイスで作業を行う必要があるからといって、料金がなくなるわけではありません。

IOTAは現物で対応します

IOTA開発者は、ハッシュ関数に関する研究者による最初の研究について彼らがどう思ったかを知らせました.

したがって、MITチームによるこれらの声明に基づいて、開発者は「学問的不正」を行ったとして彼らを非難しました。彼らはさらに、2人の研究者を法廷に連れて行くと述べた。

実際、MITは、リンクされたブログ投稿を作成した2人のDCI従業員によって行われた学問的不正に関連する訴訟に取り組んでいる弁護士によって発見されたように、それとは何の関係もありません。

開発者は、この批判を、IOTA製品と基盤を中傷しようとしている外部グループの例と見なしました。彼らは研究者からの主張のさらなる証拠を見たかった.

研究者が主張する必要があるかどうか、またはIOTAが誤って非難されているかどうかにかかわらず、これは当面の間継続する可能性があります.

Fotolia経由の注目の画像

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me