Po.et(POE)レビュー:ブロックチェーン上の知的財産の保護

Po.etは、コンテンツクリエーター、パブリッシャー、アーティスト、その他のクリエイティブがコンテンツの所有権を証明し、ライセンスを発行して作品に対して適切な報酬を受け取るための方法として作成されている、ユニークでおそらく画期的なブロックチェーンプラットフォームです。.

それは、現代世界のための新しい異なる方法で知的財産権の管理を見ています。 Creative CommonsやShutterstockのようなプロジェクトが、コンテンツ作成者に所有権とライセンスの消えない証拠を提供できない場合にそれを取り上げます。.

この短いレビューでは、Po.etプロジェクトとコンセプトを掘り下げます。.

Po.etについて

詩人 は、Po.et Technology Ltd.として知られるシンガポールを拠点とする会社によってイーサリアムブロックチェーン上で開発されているオープンソースプロジェクトであり、Po.etFoundationによってもサポートされています。.

彼らは一緒に、創造的なデジタル資産の所有権の不変のタイムスタンプ付きの証明を可能にするオープンで分散型のプラットフォームを作成しようとしています。オープンソースの台帳は、さまざまなクリエイティブ作品やデジタルアセットのメタデータと所有権の詳細を保存するために使用されます.

これは最初の非金融ブロックチェーンであり、ユニークで画期的なものになっています。所有権を証明する手段を提供することに加えて、デジタル資産を安全かつ匿名に保ち、ブロックチェーンに保存されているすべての作業が後で第三者によって要求、編集、または消去されないようにします.

po.etの概要

Po.etの概要。 Po.et経由の画像

デジタルアセットの保存に加えて、スマートコントラクトを使用して、シンジケーションを使用したクリエイティブな作品のライセンスと配布を可能にし、アセットの適切な所有者が作品の報酬を受け取るようにします.

あなたがから見ることができるように Po.etロードマップ プロジェクトはその旅の始まりに過ぎません。書かれたコンテンツが含まれるようになり、チームはWordPress、Joomla、Drupalのサポートを作成し、3つのコンテンツ管理システムすべてでプラグインを利用できるようになりました。将来的には、ブロックチェーンは画像、ビデオ、オーディオファイルのサポートを追加する予定です.

存在の証明とは何ですか

Po.etを理解し、それが出版とクリエイティブの世界にどのように革命をもたらすかを理解したい場合は、最初にProof of Existenceを理解する必要があります。これは、Po.etがProof ofExistenceを中核として構築されているためです。 Proof of Existenceは、最初のブロックチェーンベースの非金融プラットフォームとしてManuelAraozによって2013年に作成されました.

存在の証明は、ユーザーが実際のコンテンツを保存せずに、コンテンツ、メディア、またはメタデータを匿名で不変にブロックチェーンに保存できるようにする分散型コンセンサスメカニズムです。.

これにより、ユーザーは、実際のデータやIDを明らかにすることなく、特定の時点でデータファイルを所有していることを公に証明できます。ストレージにはタイムスタンプが付けられ、ブロックチェーン上で完全に安全で安全であり、ファイルのハッシュは不変のデータとして永続的に保存されます.

Po.etトークン(POE)はどうですか

POEトークン

po.et経由の画像

Po.etは、2017年8月に1,000万ドルのクラウドセールでティッカーシンボル「POE」のERC-20準拠トークンをリリースしました。クラウドセールの時点でトークンの価値は0.00637ドルでしたが、2018年5月18日現在、トークンは増加しています。約500%の増加で0.034908ドルの価値.

2018年1月6日のトークン値の過去最高は0.221729ドルでした。この下落は、暗号通貨の幅広い弱気相場に関連しています。 POEはERC-20トークンであるため、MyEtherWalletやJaxxなどのERC-20準拠のウォレットに保存できます。.

POEのトップエクスチェンジはBinanceですが、OKEx、HitBTC、KuCoin、その他の小規模なエクスチェンジでも購入できます。.

Po.etはデジタル資産の問題を解決します

Po.etの背後にあるチームは、インターネットベースのデジタル資産が抱える3つの主要な問題を解決しようとしています。

  1. 資産の所有権
  2. 資産の使用法
  3. 資産の起源と歴史

インターネットの開始以来、デジタルコンテンツは、知的財産権、著作権、および盗用に関して困難に苦しんでいます。 CreativeCommonsやShutterstockなどの一部の組織は、これらの問題に対処しようとし、部分的に成功しています。.

ただし、これらのプラットフォームは一元化されているため、外部のプラットフォームと相互運用できず、帰属を決定し、所有権を確認し、クリエイティブな作品のライセンスを取得するための迅速で簡単な方法はありません。.

Po.etを使用すると、コンテンツクリエーターはブロックチェーン上のアセットにタイムスタンプを付け、アセットの出所を証明可能、認証可能、安全かつ確実に保つことができます。クリエイターがライセンス料を設定し、プラットフォーム内で支払いを受け入れるための簡単で明確な方法を可能にする計画もあります。最後に、パブリッシャーが新しく価値のあるコンテンツを簡単に発見できるようにする、オープンで世界規模のプラットフォームを作成します。.

Po.etは、ブロックチェーンテクノロジーの力を活用して、デジタルアセットを保存、共有、分析し、さらには公正、証明可能、不変にライセンスを取得できるようにしています。これは、コンテンツの作成者、編集者、発行者、消費者の間に信頼を築くことにより、出版業界に付加価値を与えることに成功するはずです。.

Po.etブロックチェーンとPOEコインを使用するための主な価値提案は次のとおりです。

コンテンツの所有権

コンテンツ作成者は、作成にタイムスタンプを付け、ブロックチェーンに登録し、存在の不変の記録を作成することができます。 Po.etブロックチェーンは分散化されているため、ネットワーク内で1つのノードでも動作している限り、コンテンツを検証可能、安全、かつ議論の余地のないものにすることができます。.

ライセンス

ライセンスと使用権は、ますます安価になるインターネットと、情報を共有する能力の大きな欠点の1つです。 Po.etブロックチェーンに登録されたコンテンツにより、サードパーティの会社や組織を必要とせずに、自動化された方法でライセンスを作成および発行できるようになります。.

ユーザーは、既存の標準ライセンスを選択することも、独自のライセンス条項を作成することもできます。ライセンスの支払い、発行、転送はすべて、スマートコントラクトを使用して自動化できます.

透明性を作成します

Po.etブロックチェーンは、クリエイターとパブリッシングまたは配信ネットワークの間の架け橋になります。不変のストレージメディアを作成することに加えて、新しいコンテンツの発見とコンテンツの所有権の検証を可能にする、真に透過的な帰属システムも作成します。.

分散型で安全

Po.etは分散型ネットワークであるため、単一障害点はなく、単一の組織、企業、または個人がブロックチェーンに保存されているデータを改ざんまたは変更する方法もありません。.

暗号化された署名と保存されているメタデータのハッシュにより、コンテンツの安全性が確保されます。さらに、タイムスタンプとハッシュは、データの作成と整合性の反駁できない証拠を提供します.

柔軟性

Po.etはオープンソースであり、誰でもソースコードを操作して、ニーズに合わせて変更を加えることができます。これにより、非常に高い柔軟性が得られ、サードパーティは、Po.etの機能を拡張するために、新しいモジュールとプラグインを追加することが期待されています。.

新しいライセンス条件とタイプが与えられ、スマートコントラクトは想像を絶する一連の新機能を可能にします.

結論

Po.etプロジェクトの主な目的は、デジタルで作成されたコンテンツを不変に保存するためのシンプルで合理化された方法を作成することです。また、アトリビューション、整合性、ライセンス、シンジケーション、パブリッシングを取り巻く問題の解決も目指しています.

スマートコントラクトの追加とコードのオープンソースの性質の計画により、プラットフォームの無限の拡張が可能になり、サードパーティによる新機能がプラットフォームのユーティリティを将来にわたって拡張します。.

成功した場合、Po.etはコンテンツ作成者が自分の作品を完全に制御できるようにすると同時に、発行者が新しい作品を簡単に見つけられるようにする透明性を追加します。また、スマートコントラクト対応の自動ライセンスを通じてクリエイターに収入を提供します.

何よりも、ブロックチェーンに登録されているクリエイティブな作品の起源と歴史の不変の証拠を提供します.

Po.et経由の注目の画像

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me